SSブログ

>>イエウールは家の値段が無料ですぐ分かります<<
前の5件 | -

家を売る コツ [家を売る 手続き]

家を売るコツは不動産や選びにつきます。

不動産屋によってつける値段が違うのと、売るのが得意か不得意か大きく分かれるからです。


なぜなら、扱う家によっては相場より高く売ることができたり、逆に売るのが不得意な家なら相場よりも安くしないと売れないケースもあるからです。

ちなみに、あなたの
家にぴったりな不動産屋を選ぶコツは、複数の不動産屋から見積もりをもらってみて、最高値の業者にだけ声をかけることです。


平屋を得意とする業者もいれば、2Fや3Fを得意とする業者、または築古の古民家を得意とする業者などいろいろと違うからです。

共通テーマ:住宅

家を売る 気をつけること [家を売る情報]

家を売るのに気をつけることは複数あります。

住宅物件を売る時は、売却額を高くしたくなる事もあるでしょうがまず売値に気をつけないといけません。

実際、売却額は高くする事も可能です。複数社から査定を受けると共に、お手入れなども意識してみると良いでしょう。

複数社の査定額を比較する

住宅物件を売るなら買取という方法もあります。たいていは売り出しという形で住宅物件を売る事にはなりますが、専門業者に買い取ってもらう手段もある訳です。

ただ買取の価格は、専門業者によって異なります。A社が提示する査定額は1,200万円であるものの、B社は1,500万円といった具合です。

せっかく売るなら、Bのような業者を見つけたくなる事もあるでしょう。

どうすれば価格が高くなる不動産業者を見つけられるかというと、複数社からの査定です。

まずは不動産業者に物件の状態を確認してもらい、各社の数字を比べてみる訳です。

沢山の業者の数字を比較してみれば、上述のB社のような業者が見つかる可能性もあります。

ちなみに効率良く業者比較したい時は、一括査定というサービスが便利です。そのサービスを活用すれば、一気に複数の業者に査定依頼できるからです。

建物をきれいにして高く売る

ところで物件の売却額は、見た目や清潔感に左右される一面もあります。可能な限り清掃しておくと良いでしょう。

例えば物件Aの場合は、見た目は非常に新しい状態です。

ほぼ新築同様の物件であり、汚れた形跡はほとんどありません。

それに対して物件Bの場合、随所に汚れがあります。いかにも誰かが住んだ事があ
る中古物件という雰囲気です。

買い手からすると、BよりはAの方を高く評価する傾向があります。

新築同様の雰囲気であれば、快適な環境で毎日を過ごせると見込めるからです。

ですから売る家に対する清掃を行っておくに越した事はありませんが、ハウスクリーニングも前向きに検討してみる方が良いでしょう。
不動産物件の場合、たとえハウスクリーニングの費用をかけても、黒字になるケースも多いです。

修繕しておく方が良い

それと修繕も軽視できません。壊れている箇所があるなら、直しておく方が良いでしょう。

買い手の目線を考慮すると、それをよく実感できます。

建物の一部が壊れている住宅よりは、あらゆる箇所が正常な状態になっている住宅の方が、住み心地は良さそうだと感じられるでしょう。

それも考慮すれば、建物の一部が壊れている時は修繕しておくに越した事はありません。

売却率を高めるためにも、壊れている箇所は直しておくのがおすすめす。

共通テーマ:住宅

家を売る 家財道具 [家を売る情報]

家を売るときの家財道具は、なるべくなら置いてない方が売れやすくなります。

もし家に住みながら売るなら、余計な家財道具はトランクルームにあずけてしまうのが得策だし、先に引っ越しができるのなら引っ越し先に家財道具を持って行くのが理想的です。


たまに、家財道具があるほうが生活をイメージできる!なんて言う人もいますが、それは新築の販売時に新品の家具などで演出ができる場合の話です。


中古の家を売るのに人が使ってた家財道具があるなんて、邪魔でしかありません。

これは内覧する人が皆が言う本音です。


もし次の家に引っ越しても持って行く予定がない家財道具なら、メルカリでも使って処分してしまうのも一つの手ですよ。

間違っても、家財道具を次に家を買ってくれた人にプレゼントするなんてことは思わない方が良いですよ。

今時は、物余りの世の中なので、人が使った家財道具なんて迷惑でしかありませんよ。

共通テーマ:住宅

家を売る 個人売買の落とし穴 [家を売る情報]

家を売るのに個人売買だとかなり危険です。

私は不動産売買を数多く見てきたから絶対に個人売買なんてやりませんし、身内がやろうとしてたら止めます。

間に不動産屋は絶対に入れるべきです。

ちなみに私は単なる不動産投資家で大家なので、不動産屋ではありせんよ。


建物売買の途中で何かトラブルがあった時のために不動産屋は契約書や事前説明を行い記録に残しています。これが大切なんです。

売買契約完了の直前に、どちらかが亡くなったら?

もしくは、ドタキャンされたら?

もしくは、隠れた欠陥や隠れた建築基準法違反や登記簿上に不利益なものが記録されていたら?

そんなもの、丸く収めようとしても契約書類などがなければトラブルは収まりません。


引き渡しの直前に燃えたり、土壌汚染があったり・・売る方も買う方もバクチを打つようなものです。

不動産屋を間に入れれば、400万円超の売値の場合は一律に手数料が3%と6万円が必要となります。

1,000万円の売買なら不動産屋の手数料は36万円ってことです。

これ、保険代と考えれば安いものですよ。。。

共通テーマ:住宅

家を売る いつ [家を売る情報]

家を売るのにいつが良いか?

これは、間違いなく言える答えがあります。

それは、1日でも早く!です。

1日ごとに家の価値は下がるので、早く売り出すに勝るものはありません。

最近だと、大きな地震があった場所だと中古住宅がすぐに売れなくなったりした話も聞いたことがあります。


また、不景気に入ると当然ですが家は売れづらくなります。

そろそろ次の不景気がやってくるという予想もあります。


あと、築年数が1年増えるごとに、次に買う人のローンが利用できる年数も1年短くなることが多いです。

だから売れづらくなります。


間違っても、年月が建てば売れやすくなる家なんて、普通はありえません。


だからこそ、いずれ売ろうと考えているなら、売れるうちに少しでも高く売ってしまえるのが得策だと言えます。

いつ売るか?今すぐです。

某予備校講師のフレーズじゃないですが、万物の成功する術は全て同じことが言えるわけです。

共通テーマ:住宅
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます